流動解析ソフト 押出成形用シミュレーションプログラム バーチャル押出ラボシリーズ

製品の特徴

トップページ > 製品の特徴

バーチャル押出ラボシリーズが選ばれる理由。

初心者でも簡単操作、なのに高速計算。

バーチャル押出ラボ Virtual Extrusion Laboratory シリーズ」は、従来のシミュレーションソフトのイメージを覆す、簡単でわかりやすい操作性とすぐに結果がわかる高速計算を可能にしました。入力も結果出力もわかりやすく出来ているので、インストールしたその日から「金型設計」や「安定成形性の評価」等にフル活用できます。
特に「バーチャル押出ラボシリーズ」だけの、「安定成形の目標数値」が提示されますので、解析結果から金型の良し悪しが簡単に評価できます。現場で積み重ねた実践経験に、「バーチャル押出ラボ」の流動解析を加えることで、最良の押出成形を実現します。
例えば、解析対象となる金型毎に簡単に金型形状や成形条件を入力できるシステムとなっており、形状入力が難しいミキサー付スクリュでも数分で入力が完了します。さらに、解析手法の最適化により計算は十数秒で完了。まさに計算機感覚の使い勝手をお約束します。

成形現場では、問題が起きた際にすぐに解決法を導き出す必要があります。 
金型内部を仮想的に可視化する際に有効なのがシミュレーションソフトですが、操作が難しく専門知識が必要だったり計算に数時間もかかるようでは、実用的なソフトとは言えません。
「バーチャル押出ラボ」は、初心者の方でも直感的に使いこなせる上、小さなノートパソコンでも解析は数秒で完了する為、極めて短時間で成形トラブルの解決法を見つける事ができます。
もちろん、解析精度は実証済みです。

計算が速い!時間とコストの大幅削減が可能。

従来の金型製作は設計後、成形テストと試作金型の修正を繰り返し、完成へと導きます。この過程で最もコストと時間のかかる金型試作と成形テストの反復部分をシミュレーションで行うことで、コスト削減と納期短縮のみならず、数値に基づく詳細な評価が可能になります。多数の金型案を短時間で比較する為には、シミュレーションは短時間で完了せねばなりません。
バーチャル押出ラボは、用途に応じて最適な解析法を採用し、数分間レベルで解析が完了する他に類を見ない高速計算を実現しています。

×従来の金型制作工程の"デメリット"
☓成形不良の原因や有効な対策が、押出テストを繰り返さないと分からない。
☓不良原因が不明確な為、憶測に基づいた対策になりその効果の程度も分かりにくい。
押出成形シミュレーション
成形不良の原因や有効な対策が、押出テストを繰り返さないと分からない。
不良原因が不明確な為、憶測に基づいた対策になりその効果の程度も分かりにくい。

◎バーチャル押出ラボシリーズの"メリット"
◎成形条件の変化に対する安定性。◎成形不良の可能性を最小化。
◎押出不良に対する最適な対策法。
押出成形シミュレーション
樹脂流動が数値化されるので現象を本質的に捉え、
合理的な不良対策を見つけることができます。

成形不良の問題箇所が一目でわかる即戦力ツール。

樹脂成形ではせん断応力など測定が不可能なパラメータが存在します。設計者の意図通りに樹脂は流れるのか?滞留や流量分布、圧力分布、せん断発熱などを多彩に検討可能です。パイロット設備などでの高コスト試験に実施回数を大きく削減可能です。

押出機内のペレットの個体から、溶融への様子も解析可能。

サージングや未溶融、ゲル対策は、固体からの溶融具合を解析しないと分かりません!しかし、複雑な系が絡み合う溶融部は経験による実証件数が膨大になるため製品化できませんでした。
バーチャル押出ラボでは単軸押出機を世界で初めて製品化、さらに2年ごとに大きなバージョンアップで解析精度を向上させています。射出成形機の可塑化ユニットにも対応予定!(単軸のみのサポート予定)

測定をサポート!解析に必要な粘度データも揃ってます。

標準的な材料の粘度データが初期登録されていますので、そこから選択してすぐに解析できます。新たに材料データを追加する場合は、効率的な粘度測定が可能なツイン・キャピラリー・レオメータ「R6000」のデモ機にて、弊社で粘度測定をする事も可能です。解析精度の向上には精度の高い物性データが不可欠です。是非ご相談下さい。

ダイ形状はCADからのインポート、図面からの入力など柔軟に対応。

押出成形シミュレーション異形押出など複雑な形状は、CADからのインポート、Tダイやスクリューなどは入力テンプレートもサポートしていますので、瞬間入力できます。異形押出など複雑な形状は、CADからのインポート、Tダイやスクリューなどは入力テンプレートもサポートしていますので、瞬間入力できます。

シミュレーション精度の根拠。

押出成形シミュレーションシミュレーションの結果が正しいかどうか、多くの方が疑問に思われます。
如何に複雑で高度な計算モデルを使用しても、計算結果は必ず実験によって検証する必要があります。
しかし検証実験には、各種測定機を取り付けた実験装置の開発、材料、オペレータ、様々な実験パターンの実施など、多大なコストがかかる為、ソフト開発メーカーにとって大きな負担となるのも事実です。
「バーチャル押出ラボ」の開発メーカーであるコンピュプラスト社では、押出成形の実践的な研究で多くの論文を発表しているチェコ・ズリン工科大、英国・ブラッドフォード大学に於ける実験を始め、世界中のユーザー様のご協力の下で膨大な検証実験を繰り返し、解析精度の向上に努めてまいりました。理論だけにとらわれず実証を重視するコンピュプラスト社ならではの、実験に裏打ちされたシミュレーション精度を実現しております。

製品の仕様

全製品に材料データベース・モジュール(解析に使用する一般的な材料のデータベース)付。
■材料データベース登録モジュール。
解析に使用する材料のデータベース・モジュールです。押出成形で一般的に使用される様々な材料が既に登録されている他、新しい材料も追加登録できますので、ユーザ様独自の材料データベースが作成できます。粘度モデルには粘弾性モデルのレオノフを含めた6種類、温度依存性は2種類のモデルが用意されています。
更にせん断粘度の他に伸張粘度も取り込み可能な為、物性データバンクとして必要な機能を極めています。加えてコンピュプラスト社独自の流動計算機能により、パイプやシート、スクリューなどの標準的な流路における圧力損失やせん断応力といった重要情報が、瞬時に求められます。計算機感覚の簡単操作で流路設計に不可欠なパラメータを素早く提供する、ダイ設計者の必需品です。
動作環境。
・OS:WindowsXP、Vista以降 ・RAM:256MB以上
・CPU:Pentium|||(500MHz以上)・HD空き容量:250MB以上/モジュール。